演奏会の予定
過去の演奏会
沿革
団員募集
練習日程
練習場所
賛助会員募集
リンク
お問い合わせ
沿革

1990年11月 創立
当時の春日井市長 鵜飼一郎氏、市議会議長 長縄功氏、中部大学長 山田和夫氏、中部大学女子短期大学教授 都築正道氏らの熱意と尽力により、「市民が演奏し、市民が聴く、春日井市民のオーケストラ」として誕生する。
山田和夫氏が会長に、都築正道氏が音楽監督に就任し、事務局を中部大学渉外課に置いた。その後、名称を「春日井市交響楽団」とし、春日井市より支援を受け、現在に至る。

1991年1月
創立記念演奏会を春日井市総合体育館で開催。

1992年1月
第1回定期演奏会を春日井市民会館で開催。

1993年3月
賛助会員の募集を開始。平成27年度 法人 48社、個人 86名の皆様方に賛助を受けている。

1993年12月
春日井市制50周年記念事業の「春日井第九演奏会」で演奏。以来、「第九」は毎年12月の春日井市の恒例行事として定着している。本番当日は、一般募集した合唱団465名・オーケストラ128名、そして3600名を超える観客が春日井市総合体育館に集結。市民手づくりの演奏会となった。この時、会場全体で歌われた「春日井賛歌」は、その後も「第九演奏会」のアンコールとして、観客と共に毎年歌われ続けている。

1994年10月
ハーモニー春日井が開館し、練習場を中部大学から移す。

1997年9月
愛環音楽連盟創立記念演奏会「千人の第九」を愛知県芸術劇場大ホールで開催。
同年の春、愛知環状鉄道で結ばれた春日井・瀬戸・豊田・岡崎の4都市のオーケストラ・合唱団が「愛環音楽連盟」を結成。毎年、4都市が持ち回りで演奏会を開く。

1999年9月
文化フォーラム春日井開館プレ事業菊花コンサートで、フルートの山形由美氏らと共演。

2001年9月 創立10周年
創立10周年にあたり、ベルリオーズ「幻想交響曲」を演奏。
同年より、中部大学学監 三浦昌夫氏が会長に就任。

2002年8月
市民オケ・フェスタ in Kasugaiでウェーバーの歌劇『魔弾の射手』(演奏会形式)を名古屋市民管弦楽団と共演。

2004年7月
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団・コンサートマスターのライナー・キュッヒル氏を迎え、ベートーヴェンの「ヴァイオリン協奏曲」を共演。

2004年12月
中部大学音楽祭に初参加
中部大学の5つの音楽クラブによるチャリティーコンサート『中部大学音楽祭』第二部「歓喜の合唱」に参加し、中部大学混声合唱団、同・管弦楽団、春日井第九合唱団と共演。
オーストリア・リンツ州立劇場楽長 ヨッヘム・ホッホシュテンバッハ氏の指揮により、ベートーヴェン「交響曲第九番」第4楽章を演奏。

2005年1月
室内楽演奏会を開催、以後毎年継続
オーケストラの基本となるアンサンブル力を高め、また団員の日頃の研鑽の発表の場として、室内楽演奏会を企画。ソロ曲、弦楽合奏、管楽アンサンブルなど、多彩な曲を披露している。2016年からは、練習の充実を図り、一般公開としている。

2005年7月
前橋汀子氏を迎え、メンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲」を共演。

2005年9月
愛知万博の「愛知県ウィーク/パート2」オープニングの「愛・地球の環音楽祭」に、愛環音楽連盟オーケストラとして出演。
千住真理子氏(ヴァイオリニスト)・五木ひろし氏(歌手)・ボブ佐久間氏(指揮者)とのコラボレーションで、最後はベートーヴェン「第九交響曲」第4楽章で締めくくった。

2011年7月 創立20周年
創立20周年にあたり、ドイツ3大B(バッハ・ベートーヴェン・ブラームス)を演奏。

2014年7月
定期演奏会で初めてオペラアリア(プッチーニ)を演奏。
客演指揮者、井村誠貴氏の代名詞「オペラ」に挑戦し、誰もが一度は耳にしたことがある名曲を選りすぐって届けた。

2016年3月
成瀬ひろみバレエスタジオとチャイコフスキー3大バレエ(抜粋)を共演。
地元春日井のバレエスタジオの記念発表会に賛助出演し、オーケストラの生演奏で、華麗な舞に華を添えた。

2016年7月 創立25周年
創立25周年にあたり、ベルリオーズの「幻想交響曲」を演奏。
成瀬ひろみバレエスタジオとグリーグの音楽物語「ぺール・ギュント」を共演。





Last Update : 2017/02/27